HOME > STD(性感染症)を調べる > HIV感染症/エイズ


STDデータベース:HIV感染症/エイズ

  • ≫どんな病気 -概要-
  • ≫どうしてうつるの?
  • ≫どんな症状が出るの?
  • ≫対処法について
  • ≫予防法について

どんな病気? −病気の概要−

●HIVとエイズはどうちがう?

「HIV」 とは 「エイズウイルス」 のこと。「HIV」 に感染する(うつる)と 「HIV感染者」 となります。
「HIV」 に感染すると免疫力がだんだん弱くなり、5〜10年経つと日和見(ひよりみ)感染症などを引き起こします。それらのさまざまな症状を総称して、「エイズ(後天性免疫不全症候群)」 と言います。

●感染者数は増加中!

日本では感染者数は増加の一途をたどっています。1日に約4人が感染(2010年)しています。

●ほかのSTD(性病)にかかっていたら要注意!

クラミジアなど、他のSTD(性病)に感染していると、HIV(エイズウイルス)の感染率は3〜5倍増加します。
感染経路は他のSTDもほとんど同じ。HIVじゃなかったら大丈夫、という考えはとても危険です。

●定期的な検査が大事

HIVは感染しても症状から判断することはできません。
コンスタントにお仕事していたら、クラミジア、淋病、梅毒とともに、月に一度の定期検査をうけましょう。
HIV感染症/エイズの治療法は進歩しています。HIVを体内から完全に排除することはできませんが、適切な治療によって、他の慢性疾患と同様、健康を回復したり、維持することができるようになっています。適切な治療を受けるためにも、検査を受けて早く見つけることが大切です。

生での本番やアナルセックスなど、心配なことがあったら、特に受けたい!行為があった時から3ヵ月後以降に検査できます。

どうしてうつるの? −感染について−

基本的には、HIV(エイズウイルス)を含む血液、精液(さきばしり液含む)、膣分泌液といった体液が、相手の粘膜部分(主に口の中、ペニス、尿道、膣、直腸など)や傷口などに接触することで、感染の可能性が出てきます。
また、汗、涙、唾液、尿、便などの体液の接触による感染の可能性はありません。

皮膚(ひふ) と 粘膜(ねんまく) の違いって?
人間の皮膚は通常、身体を守るバリアや鎧(よろい)のような役割を果たしているので、健康な皮膚にHIV(エイズウイルス)を含む血液が多少付着した程度ではうつりません。
しかし、大きな傷口や粘膜(男性の尿道口付近、女性の膣周辺、口の中、肛門や直腸の粘膜など)には、皮膚というバリアがないため、HIV(エイズウイルス)が感染しやすくなるのです。
性行為の時のコンドームは、接触する粘膜部分にバリアをかけてあげるということなのです。

●性行為による感染

あらゆる性行為(セックス・アナルセックス・オーラルセックス)により感染の可能性があります。 HIV(エイズウイルス)が粘膜や傷口から血液内に入って感染します。 毎月、定期的に検査を受けたい病気のひとつです。

→性行為の感染について詳しく

●日常生活での感染はありません

握手やトイレ、お風呂など通常の生活での感染はありません。 エイズウイルスに強い感染力はなく、空気中、水の中や食べ物の中などで生存することは できません。

→日常生活の感染について詳しく

●注射器や注射針の使いまわしによる感染

麻薬や覚せい剤の「まわし打ち」で感染する可能性は非常に高くなっています。 まわし打ちでなくても、ドラッグを使用しての性行為は無防備なことが多く、非常に危険です。

●母子感染

妊娠初期にHIV(エイズウイルス)感染がわかれば、適切な治療を受けることができ、 赤ちゃんに感染しないように対策をとることができます。必ず妊婦検診でHIV検査を受けましょう。

→母子感染について詳しく

●輸血による感染

HIV検査目的の献血は絶対にやめましょう
献血された血液については、輸血される方の安全のために、さまざまなチェックを行います。
しかし、HIV感染初期の方が献血された場合は、現在の技術水準でも完全にチェックすることはできず、すり抜けてしまう可能性がゼロではありません。 また、献血者ご本人へはHIV 感染は通知されません。
HIV検査目的の献血は、輸血される方の安全を第一に考え、絶対にやめましょう。

現在のところ、献血時の血液から完全にHIV(エイズウイルス)を排除するのは難しく、すり抜け て混入する可能性があります。手術時に、自分の血液をあらかじめ採血して使う 「自己血輸血」 は、感染の心配はありません。

どんな症状がでるの? −病気の症状−

仕事やプライベートで感染した日
 
感染初期(急性期)感染後、2〜4週間
発熱、のどの痛み、だるさ、筋肉痛、といったインフルエンザのような症状が出る場合があります。
それらの症状は数週間でなくなり、次の無症候期へ移行します。しかし、症状の全く出ない場合もあります。
無症候期
感染後、全く症状のない期間が、約5〜10年程度続きます。
症状が出なくても体内ではHIVが増加し、リンパ球が減少して免疫力が少しずつ低下していきます。人によっては帯状疱疹(体の右か左どちらかに小さな水ぶくれが多くできる)が出ることもあります。
ただし、この無症状の期間は人によって差があり、1〜2年以内にエイズを発症する場合や15年たっても、これといった症状が出ない場合もあります。
エイズ発症
免疫力が更に低下して、エイズの発症が近づくと、しつこい下痢やひどい寝汗、理由のない急激な体重減少などがおきます。
免疫力がほとんどなくなっているために、健康な人では問題にならない種類のカビ、原虫、細菌、ウイルスなどによる 日和見(ひよりみ)感染症 や悪性腫瘍、神経障害など、様々な症状を引き起こします。
この様々な症状を総称して、エイズ(後天性免疫不全症候群)といいます。

どんな対処法があるの? −病気の対処法−

HIV感染症/エイズは、自覚症状を感じにくいものです。
何か症状が出たとしても、他の病気との違いがはっきりしないため、感染が不安な場合は、必ず検査を受けることが必要です。

●対処の方法について

病院へいく
HIV検査を実施しているか、事前に医療機関へお問い合わせ ください。
婦人科(産婦人科)や泌尿器科、性病科などのクリニック・病院で検査を受けることができます。
検査の種類 結果が出るまでの時間 料金 検査実施日
通常の検査 1〜2週間
即日検査 30分〜数時間
約3,000円〜約7,000円 診療時間内
保健所へいく
保健所によって、予約が必要な場合や、実施されている日が
決まっている場合がありますので、事前にその保健所へお問い合わせください。
検査の種類 結果が出るまでの時間 料金 検査実施日
通常の検査 1〜2週間
即日検査 30分〜数時間
無料 各保健所により異なります

検査について

少量の血液を採取して検査します。

症状が出るまでと検査のタイミング

検査の判定から治療への流れ
これまでに説明した検査は、まず最初に行う、「スクリーニング(ふるいわけ)検査」 の内容です。
このスクリーニング検査の役割は、「陽性(感染している)」の方を逃さないという目的で行われる、精度の高い検査となります。
スクリーニング検査(右表※1)で、「陽性(HIVに感染の可能性あり、要確認検査)」 と判定が出た場合は、確認検査(右表※2) へ進みます。
確認検査(右表※2) でも「陽性(感染している)」となった場合は、エイズを発病しないための治療が必要となります。

●治療について

確認検査を終え、最終的に感染が判明すれば、専門医を受診して治療方針を決めます。
現在は、数種類の薬剤を服用することによって、HIV(エイズウイルス)の増殖を抑える治療が効果をあげています。
残念ながら、HIV(エイズウイルス)を体内から完全に消失させることはできませんが、治療がうまくいけば、エイズの発症を防いだり遅らせたりすることができ、通常の社会生活が可能です。

▼治療の内容について詳しく
▼治療費について詳しく

●エイズの治療体制や相談機関について

エイズ治療を行いながら社会生活を送るために、治療体制や相談機関が国や自治体などによって整えられています。

▼感染したら周りの人に知られますか

どんな予防法があるの? −病気の予防法−

HIVを予防するには、HIV(エイズウイルス)を含む血液、精液(さきばしり液含む)、膣分泌液、母乳といった体液が、相手の粘膜部分(主に口の中、ペニス、尿道、膣、直腸など)や傷口などに接触しないことが重要です。
フェラチオ、スマタ、本番など、風俗の多くのサービスでHIVは感染する可能性があります。
本番やアナルセックスでは、コンドームを使用してサービスしましょう。

現場でできる予防「行為別一覧」はこちら

プライベートでのセックスなど、コンドームを使用することで予防できます。

パートナーの検査の必要性は?
セックスパートナーがいる場合、パートナーも感染している可能性があります。
あなたが感染している場合は、パートナーの検査が必要です。
妊娠・出産を望んでいる人は、特に一緒に検査を受けましょう。